PC 初心者のための Windows XP 高速化テクニック



スポンサードリンク

デスクトップ上にWindowsの終了・ログオフ・再起動のショートカットを作成する

Win-XPの終了やログオフ、再起動をするためには、「スタート」メニューから「終了オプション」を選択したうえで、表示されるダイアログをさらに選択する必要があります。この操作は意外とめんどうなもので、できることなら1クリックで済ませたいものです。
そんなとき、 Win-XPの終了、ログオフ、再起動用のショートカットアイコンがデスクトップ上にあれば、1クリックだけで各操作を実行することができるようになります。
今回はそのショートカットアイコンの作成をします。

ショートカットの作成ウィザードの起動
デスクトップ上の何もない場所で右クリックし、表示されたメニューから、「新規作成」→「ショートカット」をクリックするとショートカットの作成ウィザードが起動します。
pc0627001.gif

ショートカットの作成ウィザードが起動したら、「項目の場所を入力してください」のところに以下のコマンドを入力し、「次へ」をクリックします。

終了なら・・・「shutdown.exe -s -f -t 0」
ログオフなら・・・「shutdown.exe -l」
再起動なら・・・「shutdown.exe -r -f -t 0」
pc0627002.gif

「このショートカットの名前を入力してください」の部分に任意の名前を入力し、「完了」をクリックします。
pc0627003.gif

以上の操作でデスクトップ上にショートカットが作成できました。
pc0627004.gif

アイコンの変更
作成したショートカットはこのままでも機能しますが、分かりやすいようにアイコンの変更もできます。

まず作成したショートカットを右クリックして「プロパティ」画面を表示します。さらに「ショートカット」タブを選択し「アイコンの変更」をクリックします。
pc0627005.gif

「ファイル○○○○○には、利用できるアイコンがありません。一覧からアイコンを選ぶか、別のファイルを指定してください。」と表示されますので「OK」をクリックします。
pc0627006.gif

アイコンの一覧が表示されますので、任意のアイコンを選択し「OK」をクリックします。
pc0627007.gif

これでデスクトップ上に終了、ログオフ、再起動のショートカットができました。
pc0627008.gif

アイコンは好みに応じて変更できますので使いやすいものを選んでもいいですね。
posted by 黒猫 at 13:34 | Comment(1) | TrackBack(0) | 装備されている機能

【宍戸式】携帯アフィリエイトマニュアル 携山

pc0616001.gif

たった3ステップを実行するだけで、検索エンジン1位のサイトを量産し、サラリーマンの月収を超えた5分でできる今までにまったくなかった携山を知ってあなたも一緒に稼ぎませんか

続きを見る・・・

※再販が開始されました。

先日より一部の方に先行販売されていた【携山】ですが、いよいよ一般公開されます。
すでにすごい数が売れているようですが、いろいろな方の評価をみても内容的にかなりのものであることは疑いようがありません。
一般のかたのレビューはまだとれてないようですが、この【携山】を取り上げているサイトの数をみても近々見られるようになると思います。
私も実際に購入しまして一通り内容を確認しましたが、たとえば数百ページにわたるようなサイトでも簡単に作れてしまうこと、また集客に関してもかなり細部まで解説されていますので初心者にも分かりやすいイメージを受けました。
販売者である宍戸さんの映像のとおり慣れれば5分とか10分で簡単にサイトを立ち上げることができると思います。
【携山】は携帯アフィリを目指すかたにおすすめです。


※購入はこちらからお願いします。
  ↓            ↓
【宍戸式】携帯アフィリエイトマニュアル 携山

※6月23日値上げになりますのでお買い上げはお早めにどうぞ。
posted by 黒猫 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト

ページングファイルをデフラグ 「PageDefrag」

「PageDefrag」
pc0611001.gif

Win-XPでは、標準状態で搭載メモリの1.5倍の容量を仮想メモリとして使う仕様になっています。しかし、PCを使用中仮想メモリの容量が足りなくなると今度は搭載メモリの3倍の大きさまで自動的に拡張してしまいます。この作業を自動的に行うため便利である反面、ディスクの断片化を引き起こす大きな原因にもなっています。
通常のディスクの断片化であればデフラグで解消できますが、ページングファイルはシステムの起動時にロックされてしまい、デフラグを実行してもページングファイルの再配置は行われません。

そこで使用するのが「PageDefrag」です。
この「PageDefrag」では、従来ディスクデフラグでは再配置が行われなかったページングファイルのデフラグを簡単な設定だけで再起動時に行ってくれる優れものです。

「PageDefrag」のインストール
「PageDefrag」はこちらからインストールできます
   ↓     ↓
Microsoft TechNet

PageDefragを起動する

PageDefrag起動画面
pc0611002.gif

@PageDefragを起動すると、この窓に各ファイルの断片化状態が表示されます。
Aここにチェックを入れると、次回のPC起動時にページファイルのデフラグを行う設定となります。
Bここにチェックを入れると、PCを起動するたびにページファイルのデフラグを実行する設定になります。
CPCの再起動時の、デフラグ開始のタイムラグ秒数。
再起動後、この秒数内に何かキーを押すとデフラグは中止されます。
Dこちらにチェックを入れることにより、PC起動時にページファイルのデフラグを行わないように設定できます。
E「OK」を押すことにより、上記までで行った設定が反映されます。

通常は、Aにチェックをいれ次回再起動時にページファイルのデフラグを行うのが一般的です。
pc0611003.gif

ページングファイルの断片化が進んでいた場合、この作業を行うことにより、体感的にかなりの速度の向上があると思います。
ページファイルのデフラグは、PCを起動するたびに行う必要はありませんが、月に一度くらいの頻度で行いたいですね。
posted by 黒猫 at 23:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | フリーソフト
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。