PC 初心者のための Windows XP 高速化テクニック



スポンサードリンク

窓の手2004を使ってWindowsを高速、安定化する

フリーで使えるカスタマイズソフトを導入する
Windowsを自分好みにカスタマイズするには、様々な箇所に散らばった設定画面を開いて設定の変更を行う必要があります。中にはレジストリを直接編集しなければならない項目もあり、結構面倒なものです。カスタマイズソフトの定番、「窓の手2004」はそんな面倒な設定を助けてくれるツール。特殊アイコンの設定をはじめ、スタートメニューの表示速度の変更など、レジストリの変更を伴うディープな設定も含めて、数多くの設定を簡単にカスタマイズできるようになります。

窓の手2004を導入
pc0329001.gif

「窓の手」正式版ダウンロードページ
※こちらからダウンロードできるので、まだ導入されていない方は早速導入してみましょう。

カーネルを物理メモリに配置
pc0329002.gif

物理メモリを512MB以上搭載しているなら「パフォーマンス」パネルで「カーネルを常に物理メモリに配置」のチェックをいれておきます。これでOSの中核となるカーネルがすべて物理メモリに展開されるので、システム全体のパフォーマンスがアップします。

スタートメニューを高速化
pc0329003.gif

スタートメニューの表示がもたつくようなら「スタートパネル」パネルを開いて「スタートメニューの表示速度」を速めに設定。これでよく使うスタートメニューがきびきび表示されて体感速度がアップします。

一時ファイルを自動削除
pc0329004.gif

システムやソフトが自動的に作成する一時ファイルは、そのままにしておくとHDDの容量も無駄に使うし、断片化の元になりパフォーマンスの低下につながります。「ログオン(2)」パネルで「ログオン時にtenpフォルダ内を削除」にチェックして自動削除するように設定します。

スタートアップを整理
pc0329005.gif

窓の手では、Windowsの起動を遅くする、不要なスタートアッププログラムを停止することも可能です。「自動実行」パネルで必要のないスタートアッププログラムは起動しないように設定しておきましょう。

posted by 黒猫 at 20:07 | Comment(0) | フリーソフト

ページングファイルを削除してハードディスクスペースを開放する

Windowsでは操作上のレスポンスをよくするため、データやシステムの一部を物理メモリーに常駐させています。しかし、メモリー自体の容量が少なかったり、扱うデータが大きい場合物理メモリーの代用としてハードディスクを利用することになります。これがページングファイル、もしくは仮想メモリーと呼ばれるものです。
このページングファイルへのアクセスが頻繁に発生すると、ページングファイル自体が大きくなってしまい、ハードディスクの容量を圧迫させてしまいます。このページングファイルの最大サイズは設定する事ができますが、自動設定にしておくと際限なく大きくなってしまうことがあるので注意が必要です。

ページングファイルをハードディスクから削除する
ページングファイルはハードディスクの容量を圧迫するだけでなく、断片化の原因にもなりますので、定期的に削除してリフレッシュしておきましょう。ただし、削除した後も再設定しページングファイルを使えるようにしておきましょう。

「システムのプロパティ」を開く
「スタート」メニューの「マイコンピュータ」を右クリックし「プロパティ」を選択、「詳細設定」タブを開き「パフォーマンス」にある「設定」をクリックする。
pc0319001.gif

パフォーマンスオプションの仮想メモリーを選択
「パフォーマンスオプション」の「詳細設定」タブを開き、「仮想メモリーの変更」をクリックする
pc0319002.gif

ページングファイルをなしにする
仮想メモリーの設定画面が表示されるので「ページングファイルなし」にチェックを入れ「設定」をクリックする
pc0319003.gif

再起動後に再度ページングファイルを設定
設定は再起動後に有効になるので再起動したら仮想メモリーの設定で仮想メモリーを有効にしておきましょう。仮想メモリーを使わない設定のままでも機能しますが、メモリー不足に陥りますので必ず再設定してください。
posted by 黒猫 at 16:47 | Comment(0) | 装備されている機能

Windows Live OneCare PC セーフティ

Windows Live OneCare PC セーフティとはMicrosoftから発行されているPC の健康状態を維持するための無料のサービスです。

Windows Live OneCare PC セーフティのスキャンが行う内容は以下の通りです。
・ウイルスの検知と除去
・ハード ディスク上の不要なファイルの削除
・PC のパフォーマンスの向上


フル スキャンですべてをチェックすることができます。使用中の PC で特定の問題を解決するには、個々のスキャン プログラムを目的に応じて選ぶことができます。

プロテクト
ウイルス、スパイウェア、およびその他の危険性のあるソフトウェアを検出して除去したり、お使いのインターネット接続の脆弱性を調べることができます。

クリーンアップ
コンピュータの処理速度を遅くする不要なファイルを検索し、削除することができます。

チューンアップ
パフォーマンス向上のためにハード ディスクを最適化する必要があるかどうかを確認できます。

Windows Live OneCare PC セーフティの使用方法
上記リンクタグをクリックしWindows Live OneCare PC セーフティのページを開きます。今回はフルスキャンで説明します。
イメージ 9.gif

上の画像のフルスキャンをクリックすると以下の画像のページが開きます
イメージ 2.gif

ここでフルスキャンを選択し、「次へ」をクリックします。あとは画面の指示に従い進めていけばフルスキャンは終了します。
初回はフルスキャンをお勧めしますが、慣れてくれば項目ごとのスキャンでも十分でしょう。尚、フルスキャンでは終了までに数時間かかることがありますので注意が必要です。
posted by 黒猫 at 10:12 | Comment(0) | WEBサービス
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。